乾の記号 震の記号 坎の記号 艮の記号 坤の記号 巽の記号 離の記号 兌の記号

このサイトは2019年12月27日で閉鎖致します。
長い間ありがとうございました。

PAGE2  >> 断易とはなにか

断易をやる前に

断易とは

断易の起源

断易は五行易(ごぎょうえき)または鬼谷易(きこくえき)とも呼ばれ、古代中国で紀元前 三世紀頃に始められたとされています。この断易は周の時代(紀元前十一世紀~八世紀)に 広まった周易から発展したものです。

周易の原点となったのは蓍筮(しぜい)と言われるもので、蓍(し)という草の茎を使って 占います。後にこの蓍は筮竹(ぜいちく)という竹で作ったさくに変わります。この蓍を数 十本持ち、何本かづつ数えていくと余りが出ます、その余りを除いてまた数えるということ を何度か繰り返した結果を「陽」と「陰」に分けてその組み合わせで吉・凶を占うというも のです。

一方断易は筮竹を使わず主に銅銭かサイコロを使って行います(筮竹を使う人もいる)「銅銭 3枚またはサイコロ3個を振って「陰」、「陽」を決めます。各卦の名前は周易と同じ名前を 使うこともありますが、断易には別の名称があります。乾(けん)、坎(かん)、艮(ごん )、震(しん)、巽(そん)、離(り)、坤(こん)、兌(だ)の八宮にそれぞれ首卦(く びか)、一世卦、二世卦、三世卦、四世卦、五世卦、遊魂卦、帰魂卦の八卦を配属して、八 宮×八卦で六十四卦になります。この各卦にさらに六親(りくしん)五類や十二支を配当し ます。断易では彖辞(たんじ)や爻辞(こうじ)を見ることはほとんどありません、代わり に月(占った月)や日(占った日)の十二支や五行(ごぎょう)と得卦内の十二支や五行と の関わりや得卦内の動きなどを見て判断するのです。次に断易のくわしい内容の説明に移り ます。

断易の用語

断易をやる前に知っておくこと

① 五行(ごぎょう)
五行とは、木、火、土、金、水の五つで森羅万象の現象を集約したものです。五行は互いに 生(生む、生かす)と剋(虐げる、殺す)の関係があります。


木→火・・・・木が擦れると火が生まれる
火→土・・・・火が燃え尽きると土になる
土→金・・・・土の中から金が産出される
金→水・・・・金属が冷えると表面に水滴が生じる
水→木・・・・水により木は育つ


木→土・・・・木は土の養分を吸い取る
土→水・・・・土は水の流れを止める
水→火・・・・水は火を消す
火→金・・・・火は金属を溶かす
金→木・・・・金属は木を切る

② 時間の区切り
日の区切り
・日の区切りは23時(24時の説もあるがここでは23時にしています)
月の区切り
・月の区切りは上旬の二十四節気


2012年の24節気
立春 啓蟄 清明 立夏 芒種 小暑
立秋 白露 寒露 立冬 大雪 小寒
※小寒は翌年
年の区切り
・年の区切りは立春(二月四日頃)
※二十四節気はその年によって日が違うことがあります

③ 十干と十二支
日、月、年、にはそれぞれ十干と十二支が付属しています

十干
甲・・・きのえ (木の兄) 五行は木
乙・・・きのと (木の弟) 五行は木
丙・・・ひのえ (火の兄) 五行は火
丁・・・ひのと (火の弟) 五行は火
戊・・・つちのえ(土の兄) 五行は土
己・・・つちのと(土の弟) 五行は土
庚・・・かのえ (金の兄) 五行は金
辛・・・かのと (金の弟) 五行は金
壬・・・みずのえ(水の兄) 五行は水
癸・・・みずのと(水の弟) 五行は水

十二支
寅・・・とら (二月四日頃~) 五行は木
卯・・・う  (三月五日頃~) 五行は木
辰・・・たつ (四月四日頃~) 五行は土
巳・・・み  (五月五日頃~) 五行は火
午・・・うま (六月五日頃~) 五行は火
未・・・ひつじ(七月七日頃~) 五行は土
申・・・さる (八月七日頃~) 五行は金
酉・・・とり (九月七日頃~) 五行は金
戌・・・いぬ (十月八日頃~) 五行は土
亥・・・い  (十一月七日頃~)五行は水
子・・・ね  (十二月七日頃~)五行は水
丑・・・うし (一月五日頃~) 五行は土

十干と十二支はそれぞれ順番に変わっていきます
十干は甲から、十二支は寅から始まります、十干の最後、癸のとき十二支は亥です。
この列(下表の一番左側の列)では十二支の子と丑は出現しません、これを 空亡(後述)といいます。二列目では、十干は最初に戻って 甲から、十二支は次の子から始まります。二列目の空亡は戌、亥になります。このように順番 に割り当てていくと、最後が癸丑になって次が最初の甲寅に戻ります。
生まれた年は下表のどれかに該当します、有名なのは丙午(ひのえうま)などがありますが、 十干と十二支(干支)の組み合わせは60種類ありますので、生まれた年と同じ干支になる のは60年目で、これを還暦といいます。

この表は一番左側の列の上から下へ、次は二列目の上から下へと進みます
甲寅甲子甲戌 甲申甲午甲辰
乙卯乙丑乙亥 乙酉乙未乙巳
丙辰丙寅丙子 丙戌丙申丙午
丁巳丁卯丁丑 丁亥丁酉丁未
戊午戊辰戊寅 戊子戊戌戊申
己未己巳己卯 己丑己亥己酉
庚申庚午庚辰 庚寅庚子庚戌
辛酉辛未辛巳 辛卯辛丑辛亥
壬戌壬申壬午 壬辰壬寅壬子
癸亥癸酉癸未 癸巳癸卯癸丑